松葉舎の研究会 身体で言葉に触れる

松葉舎の研究会 身体で言葉に触れる について

松葉舎の研究会 身体で言葉に触れる

私塾・松葉舎を主宰し、科学や哲学、ダンスやファッションなど、分野の垣根を超えた広がりのなかで心と生命の探求を続けている 江本伸悟さんが、身体技法研究者の甲野陽紀さん、そしてダンサー/振付家の岩渕貞太さんをゲストにむかえまして、「身体で言葉に触れる」をキーワードとした研究会を開催いたします。

言葉の専門家といえば学者や詩人を思い浮かべてしまいがちですが、武術や舞踊など身体に深く携わる人の言葉には、学者や詩人とはまた異なる意味での「重み」があります。「言葉が腑に落ちる」ともいいますが、身体全体で言葉に向かい合うとき、ひとは初めてその言葉の意味を十全に受け取ることができるのでしょう。身体を探求することで形作られる言葉の器というものがあり、身体を磨くことと言葉を磨くこと、言葉を大切にすることと身体を大切にすることとが、そこでは表裏一体の関係になっています。

甲野陽紀さんと岩渕貞太さん、それぞれの分野で身体の探求を続けておられるお二人が、日頃どのようにして言葉の感触を確かめているのか–––その身体で言葉に触れているのか–––具体的な方法論なども含めてお話を伺っていきたいと思います

このイベントを予約する

松葉舎の研究会 身体で言葉に触れる イベント情報

イベント名
松葉舎の研究会 身体で言葉に触れる
講師
江本 伸悟講師物理学者
日時
2019年12月1日(日)
15:00-18:30
場所
co-lab 日本橋横山町 東京都中央区日本橋横山町7-14 5F
参加費
5000円
定員
定員未定